債務整理の特定調停について

メインイメージ

債務整理の特定調停について

特定調停という債務整理は、司法書士や弁護士の代わりに裁判所が間にはいって借金の整理を行ってくれるものです。



申し立てを個人で行って賃金業者を相手に交渉することになります。


調停をした後3年を目安に返済ができる額に借金を圧縮することになります。


特定調停は、裁判所を使った任意整理というイメージが近く、比較的最近の制度になっています。



メリットとしては、専門家を使わないので費用を少なくすることができるという面があります。

Menu